フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ

(リンク)チェンソーアート

(リンク)音楽

オススメCD【1】

  • Ub-X
    私が薦めるCDの一覧です

オススメCD【2】

  • Catch!
    私が薦めるCDの一覧です
無料ブログはココログ

« 困っているコト | トップページ | フィギュア・スケートを見て »

2007年3月25日 (日)

無謀!亜細亜巡り(タイ編Ⅴ)

今日は無謀!亜細亜巡り(タイ編Ⅳ)の続きです。

今回のタイ国訪問のメイン・イベントであるムエタイ(タイ式キックボクシング)の試合がいよいよ始まりました!
私はギャンブラーではないので、メイン1試合しか賭けていませんでしたが、会場には賭けを楽しんでいる(というより熱狂している)観客も多く、全ての試合がメインの様に熱気&興奮&罵声&怒号に包まれていました。

“ウぁ~、こ、これが本場のムエタイの熱気か・・・!”と興奮と呆気に取られる秋田県人が一人。
試合は凄いです。
まるで殺し合い(?)です。
拳にはグローブを着けていますので、拳による致命傷は回避出来るのですが、ムエタイは肘があります。
人体で最も鋭角な部分を平気で相手に叩き込みます。
常人では重症は免れないでしょう。
選手も血を流す者が続出します。
それに加えて、鞭の如く撓る蹴りが飛んで来ます。
ローキックはそれ程多くはありませんが、ミドルキック(回し蹴りスタイル)がバンバン、ビシバシ相手の脇腹に炸裂します!
フラフラになった相手にはトドメのハイキックを顔面やテンプル(こめかみ)に叩き込みます。
死んじゃうって、普通~!!

Photo_9

そんな試合を見て観客は興奮しています。
(私も興奮しましたけど)

賭けに負けた観客はその場で賭け札をビリビリ破いてしまいます。
数試合が終わると辺りは白い破け紙で一杯になっていました。

さて、試合は進んでいよいよ最終試合、メインイベントの大トリを迎えました!!
“何とか~、かんとか~”とリング上でタイ語でアナウンスをして、神に捧げるダンスをすると試合が始まりました。
私は直感で強そうな(顔付きの悪い)選手の方に賭けていました。
軽いジャブの応酬から試合は始まりました。

“オオ、やはり睨んだ通り、この選手はやるワイ!”
と思って試合を観戦していたのですが・・・
ラッキーパンチか何だか分からないけど、相手のフックが私の応援していた選手のアゴをかすめました。
すると、グラグラとヒザが揺れました。
すかさず、ミドルキックを叩き込まれ、敢え無くダウンです。
“ワン・ツー・スリー、・・・”とカウントは続いていきます。
どうにか10カウント以内に立ち上がったのですが、既に目の焦点が定まらない様子でフラフラ気味です。

相手の追撃のパンチを4、5発受けると、またもやリング上に大の字状態です。
“ワン・ツー・スリー、・・・”とカウントは続きますが、もはやピクリともしません。
カン・カン・カンとゴングが鳴らされ試合終了です。
そう、負けてしまいました。
1ラウンドKO負けでした。
その瞬間に私の賭け札も紙クズとなってしまいました!
“あ~あ、負けちゃった!!”
結局は1円も得る事が出来なかったのですが、本場ムエタイの熱気を直に感じる事が出来た私は満足でした。

余韻を引き摺りながら近くの屋台でビールとモツ煮(?)を食べ、もう一日残っているバンコク滞在をどうするか?思案するのでした。
“ん~、チェンマイでもチト危ない(?)目に会ったし、バンコクでは大人しくしたら良いかな・・・?”と、平和なメコン川下りを考え付くのでした。

早速、ホテルに戻ってフロントの兄ちゃんにメコン川下りツアー参加をお願いして、参加する事になりました。

でも就寝前に酒が足りない秋田県人はここでもホテルバーに行って、ガラにもなくカクテルなんぞ注文するのでした。
暫くするとタイ人姉さん3人組のバンド演奏が始まったではありませんか!
“オッ、タイでカクテルなんぞ飲んでいる私、そこへ美女バンドのお出ましか!”
とすっかりイイ気になってほろ酔い加減になり、熟睡したのは言うまでもありません。

翌朝は東洋のベニス、バンコク・メコン川下りへと向かうのでした。

次回へ続く

« 困っているコト | トップページ | フィギュア・スケートを見て »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無謀!亜細亜巡り(タイ編Ⅴ):

» レコード 通販 [レコード 通販]
検索エンジン作りました。是非登録をお願いします。 http://test-sato.upper.jp/ [続きを読む]

» アハ体験 [成功と健康の2重螺旋]
アハ体験は茂木健一郎さんの本で知りましたが、無関係と思われる要素が頭の中で結び付くのはアハ体験というのがピッタリですね。意味不明な絵を見抜くアハ体験の画像って作るのは難しいようです。無料でインターネット上でもあるでしょうが、画像はどうも目が疲れるので本... [続きを読む]

« 困っているコト | トップページ | フィギュア・スケートを見て »

最近のトラックバック

アフィリエイト