フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ

(リンク)チェンソーアート

(リンク)音楽

オススメCD【1】

  • Ub-X
    私が薦めるCDの一覧です

オススメCD【2】

  • Catch!
    私が薦めるCDの一覧です
無料ブログはココログ

« 手拭いで練習だ! | トップページ | 覚えられない! »

2007年6月27日 (水)

バルサミコ酢で

本日の夕食はステーキ!
今日はバルサミコ酢をつかった料理なのですが、
私はステーキソースとしてバルサミコ酢のソースが大好きですハート達(複数ハート)

えっと~、作り方は簡単なのですが、

1:使用する肉を予め常温にしておく
(短時間で仕上げるために冷えた状態では火が通りにくい)
(予め酒に漬けるなどして肉の繊維を柔らかくしているのであれば尚指でOKです)

2:肉の両面に塩・胡椒をすり込む
(粒黒胡椒であれば香りも良くオススメ)

3:にんにく1片を中から芯を抜いて、適当な大きさに切って、潰す。

4:フライパンにオリーブオイルを適量入れて、にんにくを弱火で温めます。
(火加減を間違えて焦がさないように)

5:適度ににんにくが色付いたら、赤ワイン3に対してバルサミコ酢1の割合で適量フライパンに入れます。
(にんにくの臭いが付き過ぎて嫌な方はここで取り出して下さい)
(赤ワインは軽めではなくしっかりしたフルボディの渋みの強いワインの方がステーキにはオススメです)

6:火を強火にしてアルコール分を飛ばします。

7:アルコール分が飛んだらブイヨンを適量に加えます。
(コンソメは余りオススメ出来ません、ましてほんだしは最悪ですがまん顔

8:火を中火にして煮詰めます。
(味をチェックしてみて酸味が強いと思ったら水で調節して下さい)

9:煮詰まったら仕上げにバターを適量加えます。
(これでコクが増します)
(ブイヨンとバターの塩分が加わりますので、ソースには塩は不要です)

10:ステーキ用鉄板を強火で熱します。
(油はオリーブ油の方が好きです。バターでは焦げる可能性があります)

11:鉄板から煙が出てから肉を入れます。

12:一気に火を通して下さい。
(肉の厚さにもよりますが、薄いと焦げ過ぎてしまう可能性もありますので、注意して下さい)

13:裏返しにして9のソースをかけて下さい。
(付け合せがある場合はタイミングをみて投入して下さい)

14:じゅわ~~~っるんるんと煮え立つソースが食欲をそそります!
(洋酒によるフランベはこのソースの場合は不要ですが、どうしてもという方はブランデーを火に注意しながらどうぞ)

15:完成ですハート熱いうちにハフハフしてお召し上がり下さいるんるん
(んでもって一緒に飲むお酒はやっぱり赤ワインが最適ですネるんるんるんるんるんるん

Steak

高貴な香りと酸味が絶妙なバランスで美味しいソースです。
中には蜂蜜や醤油などを混ぜて自分でアレンジをする方もいらっしゃいまするんるん
未だこのソ-スを召し上がった事のない方には、是非試して欲しいソースですねわーい(嬉しい顔)

今日は思いっ切り料理ネタになってしまったなァ・・・(笑)

« 手拭いで練習だ! | トップページ | 覚えられない! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近のトラックバック

アフィリエイト